紫外線 ニキビ

MENU

紫外線の影響はニキビにもあるんです!

 

4月から徐々に強さを増す紫外線。8月にもなればピークに達します。
紫外線はシミが出来るという認識は女性ならありますが、ニキビにも大きく関係があるんです!

  • 外出の機会が増えている
  • 紫外線対策をあまりしていない

 

このような方に限って、夏になるとニキビが増えだす傾向にあります。

 

紫外線が与えるニキビへの影響とは

それは「活性酸素」。

 

肌は紫外線を浴びると体内で活性酸素を発生させます。
活性酸素はウィルスなどの菌を殺したりする役目がありますが、体内で増えすぎてしまうと肌の細胞にまでダメージを与えてシミやシワなどの肌トラブルを引き起こす原因にもなるんです。

 

そして、活性酸素は皮脂と結合すると毛穴をどんどんつまらせるので
ニキビが出来てしまったり、ニキビが悪化したりなど治り辛くしてしまうものでもあるんです。

 

それだけじゃありません。
紫外線を浴びると肌を守るために角質が厚くなっていきます。当然角質が厚くなれば毛穴が塞がるので毛穴詰まりの原因となり、ニキビが出来やすくなります。

 

 

肌細胞までダメージを受けたお肌は、バリア機能も破壊されてしまいます。
当然、バリア機能が破壊されたお肌は水分がどんどん蒸発していくので肌は乾燥する一方。

 

 

乾燥したお肌を守るために、今度は皮脂がせっせと分泌を始めるので
これまた毛穴が詰まり、ニキビが出来やすい状態になってしまいます。

 

 

紫外線が肌に与える影響はとてつもなく大きいので
しっかりと対策を取りたいですね。

 

この時期、外に出ずにこもるわけにもいきませんので
ニキビを発生させたり、悪化させないためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

紫外線でニキビを増やさない、悪化させない方法

 

当然のことながら、日焼け止めをつけたり日傘をさすなど肌に紫外線が当たらないように気をつけること。そして、朝晩のスキンケアでお肌にしっかりと水分補給をしてあげてください。

 

保湿を行うことで肌のバリア機能が高まるんです!

 

そして、活性酸素を排出出来る肌に導いてくれるビタミンC誘導体配合の
化粧水を選ぶのがこの時期はベストです!

 

元々ニキビが出来やすい、夏になると増えたり悪化するという方は
是非、ラ・ミューテの化粧水を試してみて。

 

紫外線でダメージを受けたお肌の回復にも優れたプラセンタやダマスクローズウォーターなどが
含まれていて、出来たニキビを改善してくれるビタミンC誘導体やグリチルリチン酸も配合。

 

これ以上ないほどニキビケアにバッチリ揃った成分が配合されています♪

 

ラ・ミューテの詳細はコチラから